月経前症候群(PMS)に使ってみたい漢方薬とサプリメント

1.月経前症候群(PMS)に使ってみたい漢方薬

更年期サプリ&漢方薬

一口に月経前症候群(PMS)と言ってもその症状は人によって様々です。もっとも代表的な症状として挙げられるのは「腹部痛」や「腰痛」、「頭痛」などですが、それ以外にも「肩こり「手足のむくみ」「下痢」「便秘」と言った症状に悩まされる方もいてその症状は多岐に及びます。

 

また、肉体的な症状だけでなく、疲れやすさ、倦怠感、集中力の低下、イライラ感や気分の落ち込みなど精神面にも及んでくるのも特徴です。こうした症状は月経前に始まり月経がはじまると消えてしまうのが特徴です。

 

月経前症候群(PMS)の改善を目指す場合、体質改善を行いながらそれぞれの症状を和らげることが大切になってきます。そこでおすすめなのが漢方薬です。月経前症候群(PMS)に効果的な漢方薬には次のようなものがあります。

私の漢方薬 加味逍遙散エキス錠(第2類医薬品)

加味逍遙散

イライラ・のぼせやほてりにお悩みの方や、不眠症に効果的な医薬品
女性の不調に効く10の有効成分(生薬)を配合した漢方薬。特にホルモンバランスを整える効果や、血液のめぐりを良くする効果があると言われているので「ストレスを感じやすくイライラする」「ホットフラッシュ(ほてりやのぼせ)」などのタイプの月経前症候群(PMS)の症状の改善に適しています。また、「不眠症」の改善に効果があります。
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
公式HPへ

2.月経前症候群(PMS)に使ってみたいサプリメント

白井田七(しらいでんしち)

楽天ウイークリー1位!女性の健康と美容に累計10万本の人気和漢サプリ

白井田七

…日々の疲れが重なっていく感じでいつも体が重い感じがあり、特に生理前は起き上がるのも億劫だったり、訳もなく気分が落ち込んだり。そうした状態が続くせいか、肌の状態も最悪でお化粧だけではカバーしきれない状態でした。白井田七は私と同じ症状の人の間での評判が良かったので始めましたが、漢方の有効成分が体にあったのか少しづつ楽になってる感があります。

サポニン・フラボノイド・ギャバを始め女性の健康と美容に役立てたい成分がビッシリと詰まった田七人参を98%も配合した人気の和漢サプリ。田七人参は滋養強壮に良いといわれる高麗人参に比べて7倍ものサポニンを含んでいる希少な植物。そんな貴重な田七人参を98%と高配合しているのでその働きをダイレクトに実感出来るのが特徴です。徹底した品質管理にも評価が高く、安心して続けられるサプリをお探しの方におすすめです。
6,480円→3,980円税別(定期初回価格)
公式HPへ

エクオール+ラクトビオン酸

女性ホルモンバランスの乱れに婦人科専門医との共同開発から生まれたサプリ

エクオール

飲み始めた月から生理前後の不快感がなくなりました。以前は前後合わせて1週間ほど憂鬱な気持ちだったり身体的な不快感がありましたが、エクオールを飲み始めて楽になってきた感じがあります…

生理前や更年期などホルモンバランスが乱れることで起きる「イライラ」「落ち込み」「頭痛」などの不調に専門医師との共同開発から生まれた新しいサプリ。月経前の様々な症状の原因となるホルモンバランスを整えてくれる働きがあります。既存のサプリに満足できないという方におすすめです。
6480円税込→5832円税込(ラクラク毎月便)
公式HPへ

女性のミカタ

体と心を同時にケア!PMS(月経前症候群)の様々な症状をトータルにケア

女性のミカタ

飲み始めて翌月ぐらいからあれほど悩まされていたニキビが少なくなってきて三か月目にはかなり減りました。2ヶ月目からは生理前のイライラがほとんどなくなり、しかも毎月不順なはずなのに、予定日より2日も早く生理がきました。効果が出る人、出ない人で分かれるようですが私にはピッタリで続けていきたいです。

PMS(月経前症候群)対策に心と体の両面にアプローチしたサプリ。むくみや不順などの悩み対策にはチェストツリー配合のサプリ、イライラや集中力の低下には月見草油配合のサプリと2種類のサプリが用意されているのが特徴です。PMS(月経前症候群)対策に手軽に使ってみたいサプリです。
2180円→980円・税込(定期コース初回価格)
公式HPへ

ホットストアのマカ

ホルモンバランスを整える高品質マカ配合!不順体質改善にはこのサプリ

ホットストアのマカ

こちらはマカ100%の野菜なので抵抗なく安心して飲む事ができます。最初は可もなく不可もなく・・といった感じでしたが飲み始めて現在9カ月、体が元気になっているのがわかります。受診が必要なくらいの貧血持ちですが、その悪い症状が改善されています。やはりこの手のサプリは最低3ヶ月は飲まないと中々その良さが分かりませんね。

有機JAS認証の高品質マカを原料としたマカサプリ。以前は男性の精力向上のイメージだったマカですが、最近は妊活や更年期対策に利用する女性も多くなってきました。中でも、栽培から加工まで厳しい基準で作られるホットストアのマカは女性の愛用者が多いマカの一つです。これからマカを試してみたいという方に。
初回お試しキット120錠・マカ資料など1890円・税込
公式HPへ

ルナベリー

精神的なイライラ・落ち込みに使いたい月見草オイル配合サプリ

ルナベリー

とにかく以前は(生理になると)生理痛と眠気・肩こりに悩まされていました。仕事にも集中出来なくて…どんなにキツクても仕事は休めないし。痛み止めを飲むと益々眠くなるの悪循環。ルナベリーはサプリだからそういう心配も無いのがいいです。

月見草オイルなど女性の悩みに対応した9種類のハーブを配合したサプリ。特に毎月のイライラやモヤモヤなど精神面の不調に役立てたいのがγ-リノレン酸を豊富に含む月見草オイル。γ-リノレン酸は美肌効果とともに乱れがちな女性ホルモンのバランスを整えてくれるとも言われています。毎月、憂鬱な気分に陥ってしまっている方にオススメのサプリです。
4400円→送料500円のみ(定期コース初回価格)
公式HPへ

 

※楽天レビューや@コスメなどの口コミを参考に独自にランキング形式でご紹介しています。各商品への感想は公式HPまたはレビューサイトの口コミを一部抜粋させて頂きました。それぞれ利用者の感想であり効果を保証するものではありません。

 

1. その時の悩みとサプリメントを飲もうと思った理由

生理前のだるさ、吐き気がひどく、病院にかかっても根本的な解決になりませんでした。ネットでPMS対策のサプリがけっこう出ていることを知り、病院に行くのはやめてサプリで対策をしてみようと決めました。

 

2. そのサプリメントを選んだ理由

ヨーロッパでは昔から月経不順やPMSの改善に利用されてるハーブのチェストツリーが配合されていて、口コミでもそのチェストツリーの配合が決めてで選んだ、と多く見たからです。確かにPMSのことを調べていると、決まってチェスツリーの話題を目にすることが多いので、ぜひ私も試してみたいと思いました。

 

3. 最初の印象(味や飲みやすさなど)

ハードカプセル状なので舌に乗せたときの風味や味などはほぼありません。ほんのわずかにハーブのような薬草のような香りがしますが、気になりません。私は以前漢方に頼ったこともあったのですが、どうしても口いっぱいに広がる独特の風味がダメで続けられませんでした。そんな私でも大丈夫な程度です。

 

4. どんな風に使ったか?また工夫した点

毎日一日2粒、水か白湯で飲んでいます。女性ホルモンの関わるサプリなどは、寝る前に飲むといっそう効果が高まるとネットで見かけたので、就寝前にのむようにしました。時間を決めて飲むことで飲み忘れも防げます。

 

5. 飲んでみての評価(良かった点・悪かった点)

飲み始めて3カ月経ったあたりから、そういえば以前のような、どうしようもない苛立ちがわかなくなったかも??と思うようになりました。私は家事や仕事にまったく手がつかなくなるくらいひどい症状だったので、職場や家族に迷惑を掛けることもしばしばだったのですが、そういうこともなくなったのがうれしいです。そういえば生理前のボロボロの肌、バサバサの髪の毛も幾分マシになったような。女性のミカタはビタミン類も豊富に配合されているのでそのおかげかもしれません。

 

6. 今後使ってみたいサプリとその理由

同じ女性のミカタの「やすらぎ編」ですね。女性のミカタは2タイプあります。今飲み続けているのは「すこやか編」で、身体に対してのアプローチなのに対して、もう一つの「やすらぎ編」は精神的なサポート(落ち込みや集中力の低下など)をしてくれるそうです。両方摂取しているかたも多いので、私もぜひチャレンジしてみたいです。

月経前症候群(PMS)サプリメントの選び方

月経前症候群(PMS)の原因はまだ詳しく解明されていないため、対策も難しいのが厄介な点です。現在では女性ホルモンのバランスの乱れが深く関わっているといわれており、その調節が重要なポイントとなります。

女性ホルモンのバランスの乱れが月経前症候群(PMS)の原因に

月経前症候群・PMS

女性ホルモンのバランスを改善する方法としては運動やストレス解消といった日々の生活の中で行う対策方法や低用量ピルのように不足しているホルモンを補充する方法がまず挙げられます。女性ホルモンと似た働きを持つ大豆イソフラボンの補充も後者の方法に含まれるでしょうか

 

しかしこれらの対策は継続するのが難しかったり副作用のリスクが伴います。そして何よりもまず健康な体作りが対策には欠かせません。そのため健康と症状の改善両方に役立てられる成分を摂取していくことが重要になります。サプリメントはそんな成分を効率よく摂取していける選択肢として魅力的です。

 

月経前症候群(PMS)に使ってみたいサプリメントとしてまず挙げたいのがミネラル。とくに鉄分亜鉛は現代の女性が不足しがちな成分なのでサプリメントでの摂取が大事なポイントとなります。
参照:妊活で使ってみたいマカ | 妊活に使ってみたいサプリ

不足しがちなビタミンとミネラルを効率的に摂ることが大切

月経前症候群サプリメント

鉄分に関しては貧血予防としても重要です。貧血気味の人ほど月経前症候群の症状が強く出やすいことが明らかになっており、鉄分の欠乏を日々の生活の中でできるだけ防ぐことが求められるのです。亜鉛に関してはさまざま機関の臨床試験において月経前症候群の発症リスクや症状を軽減する結果が出ており、その関連に注目が集まっているところです。

 

それからビタミン。とくにビタミンB群は月経前症候群の症状を緩和させる役割を担っています。とくにビタミンB2の不足が発祥の原因になると言われているほか、B6を摂取するとうつなど精神面の症状が軽減することが数々の臨床試験で明らかになっています。ほかにもビタミンBの一種、葉酸も対策に有効な成分の一つです。

 

こうした成分をサプリメントはもちろん、食事でうまく摂取していくことで月経前症候群になりにくい健康な体作りとホルモンバランスの調節を心がけてみましょう。
参照:生理不順で使ってみたいサプリ | 更年期障害サプリ